外国人労働者に関する業界

外国人労働者人口が年々増えてきており、事業としても新規参入する企業が増えてきています。

他業界からの進出、日系企業による各国への進出、M&Aや業務提携等による拡大、ベンチャー企業の設立などあらゆる形での新規参入が加速化しています。

外国人労働者のビジネスといっても幅が広く企業も多いのが現状です。
本記事ではジャンルに分けて紹介します。

採用

外国人を採用は多岐に渡り、日本採用活動を行う場合もあれば、各国で採用活動を行う場合もあります。

在留資格の種類も高度人材や技能実習などがあり、種類によってフロー等も異なります。
業界や国に特化しているエージェントもありますので、採用したい人材を明確にして依頼しましょう。

社宅・寮

日本の不動産業と同じですが、日本語が話せない人へのサポートや外国人が多い地域を専門的に扱っています。

外国人が日本で働きパフォーマンスを最大化する上でプライベートの充実も重要になります。

研修・トレーニング

ダイバーシティという言葉も浸透してきて、働き方が多様化してきています。
日本人は内向的で外国人と働いた経験も少ないので専門的な研修会社への依頼も効果的です。

VISA・申請代行

外国人が日本で働く為には在留資格が必要です。
書類の申請がなく就労すると、不法就労となり雇入れ企業も当人も罰せられることになります。

外国人の受け入れ経験のない企業は申請やプロセスにミスが発生する可能性がありますので、VISA等の申請代行のプロに依頼しましょう。

通訳・翻訳

日本語から多言語に変換する事業です。

通訳は外国人が日本語が理解できない場合や、より深くコミュニケーションをとりたい場合に必要になります。
外国人に日本語を習得してもらうことも大事ですが、意思疎通にミスが発生しない為に通訳や翻訳を積極的に利用する会社もあります。

通訳は言葉に対して、翻訳は文章の場合をさします。

日本語学習

日本で働いている、働きたい外国人向けに日本語を教える事業です。
日本語レベルに合わせてクラスがあったり、雇用形態や働く業界や産業に合わせてコースがあったりします。

学校型とオンライン型があり、授業カリキュラムそれぞれです。
外国人を採用している場合は従業員の日本語習得の為にこれらのサービスを利用しましょう。

関連記事

  1. 国が外国人労働者を受け入れるメリット・デメリット

  2. 外国人労働者・技能実習生の受け入れ業種と特定技能の14業種

  3. 外国人労働者の人数の推移や予測について

  4. 技能実習生や外国人労働者の発生するトラブル一覧

  5. タイの外国人労働者や技能実習生の特徴

  6. 企業が外国人労働者を受け入れるメリット・デメリット