特定技能と技能実習の採用費用・受け入れコストの一覧と比較

2019年4月から外国人を雇用する新制度として「特定技能」が開始しまし、既存の「技能実習」と区別がつきにくいこともあります。
本記事では「特定技能」と「技能実習」の採用コストや受け入れ期間中に発生する費用を比較します。

「特定技能」と「技能実習」の制度の比較

「特定技能」と「技能実習」についてご確認してください。

技能実習特定技能
目的研修労働者
受け入れ国数15カ国8カ国
期間最長5年1号:最長5年
2号:更新(1~3年ごと)
職種80職種14業種
送り出し機関ありなし
監理組合ありなし(登録支援機関があり)
転職不可業界内なら可
永住権カウントされないカウントされる(2号のみ)
家族帯同不可2号のみ可

引用:技能実習と特定技能の違いについて説明

技能実習の費用(コスト)について

技能実習制度の3年間行なった場合に研修費、諸経費は1人あたりは100-150万円+3年分の給与です。
同じタイミングで人数を多く雇用した場合には3年間の1人あたりは80-120万円+3年分の給与です。

No項目概算費用備考
1監理団体への入会金(組合入会金)10,000-100,000円組合への加入/1社あたり
脱退時返金がある組合もあり
2監理団体年会費30,000-80,000円組合運営費・実習生受入など
受入人数に関係なく1社あたり
3面接費100,000-200,000円現地への航空券、宿泊費、現地での食事代/一人あたり
4JITCO会費50,000-300,000円期間更新在留資格変更申請書取次諸費用組合への指導監理費・在留資格認定証明書取次諸費用実習生への評価等総合サポート
5書類作成費10,000-40,000円在留資格認定書、各書類装具費用
6健康診断費10,000円
7実習生の渡航諸費50,000-150,000円航空運賃・出国税・パスポート取得費用・空港使用料査証申請料・入管手続・印紙税等
8集合研修費70,000-90,000円日本での160時間以上の講習
・法的保護の講習
・講師・教材等
9研修時の生活費50,000-70,000円
10国内交通費10,000-30,000円空港から研修施設、研修施設から住居
11技能実習生
総合保険料
22,000-26,000円出入国管理及び難民認定法第2条に加入規定があり
3年間分
12組合への監理費10,000-50,000円送出し機関への監理費・コンサルタント費用
(必・毎月訪問)
13送り出し機関への管理費5,000-10,000円
14査証印紙代8,000-11,000円2年目・3年目
16書類作成・取次費用20,000-30,000円
17技能検定費用20,000-25,000円
18技能実習生帰国費用50,000-100,000円

引用:技能実習生の受け入れ費用の概算

特定技能の費用(コスト)について

年収が300万円の人材を採用する場合は初年度で100-120万円です。
登録支援機関を利用する場合には管理費が発生することもあるので、初期費用の他に毎月1-3万円一人当たり発生します。

No項目概算費用備考
1人材紹介料年収20-30%
2面接費100,000-200,000円現地への航空券、宿泊費、現地での食事代/一人あたり
3渡航諸費50,000-150,000円航空運賃・出国税・パスポート取得費用・空港使用料査証申請料・入管手続・印紙税等
※必須ではない
4書類作成費100,000-150,000円行政書士に依頼
5日本での研修70,000-90,000円※必須ではない
6健康診断10,000円
7研修費50,000-100,000円

技能実習と特定技能の費用の比較

No項目概算費用技能実習特定技能
1監理団体への入会金(組合入会金)10,000-100,000円
2監理団体年会費30,000-80,000円
3面接費100,000-200,000円△(必須ではない)
4人材紹介料年収20-30%
5JITCO会費50,000-300,000円
6書類作成費10,000-40,000円(技能実習)
100,000-150,000円(特定技能・行政書士利用)
△(必須ではない)
7健康診断費10,000円
8実習生の渡航諸費50,000-150,000円△(必須ではない)
9集合研修費70,000-90,000円△(必須ではない)
10研修時の生活費50,000-70,000円△(必須ではない)
11国内交通費10,000-30,000円
12技能実習生
総合保険料
22,000-26,000円
13組合への監理費10,000-50,000円
14登録支援機関への監理費10,000-30,000円△(必須ではない)
15送り出し機関への管理費5,000-10,000円
16査証印紙代8,000-11,000円
17書類作成・取次費用20,000-30,000円
18技能検定費用20,000-25,000円
19技能実習生帰国費用50,000-100,000円△(必須ではない)
20給与180,000-300,000円/月最低賃金以上日本人と同等

技能実習と特定技能の採用や監理コストは一人あたり100-120万でほぼ同額です。
各会社によって価格の違いはありますが、明細や内訳が掲示される企業と提携しましょう。

    関連記事

    1. 特定技能の「造船・舶用工業」の概要

    2. 特定技能の登録支援機関一覧【2019/6/11更新】

    3. 技能実習と特定技能の違いについて説明

    4. 「特定技能」と「技能実習」の比較!雇用主と非雇用主のそれぞれのメリットデメリット

    5. 特定技能の「電気・電子情報関連産業」の概要

    6. 特定技能とは?制度の概要や特徴の徹底解説

    1. 技能実習制度についてよくある質問一覧【監理組合・送り出し機関】

      2019.01.19

    2. 技能実習制度についてよくある質問一覧【受け入れ企業】

      2019.01.20

    3. 技能実習制度についてよくある質問一覧【受け入れまでの流れ】

      2019.01.19

    4. 技能実習制度についてよくある質問一覧【就業規則】

      2019.01.19

    5. 技能実習制度についてよくある質問一覧【面接と研修】

      2019.01.19